■Adam Hawley(アダム・ホーリー)■


【おすすめのギタリスト】
ギタリスト名:Adam Hawley
出身地: アメリカ
誕生:-
活躍期間:2010年代~現在
ジャンル:スムース・ジャズ R&B
在籍歴:-

 しなやかでノリのよいスムース・ジャズやR&Bの名手として活躍しています。

 アメリカのポートランド、オレゴン州で生まれ育ち、8歳の時にピアノを習い、9歳頃からギターを習い始めたようです。

 十代には、教会で演奏したり、ブルーグラスのアンサンブルを楽しんだり、ブルースバンドを率いていたりしました。

 その後、2002年にロサンゼルスへ居を移し、南カリフォルニア大学で音楽を専攻に学び、博士号も取得しています。

 ジャズではジョージ・ベンソン、ウェス・モンゴメリー、ブルースではロベン・フォード、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの影響を受けているとのこと。

 大学卒業後に、ナタリー・コール、ジェニファー・ロペス、マンハッタン・トランスファーなど、ポップ、ジャズ、R&Bの著名なミュージシャンとのライブやレコーディングなどに参加しました。

 2016年にデビューアルバム「Just the Beginning」を発表した後、2018年にセカンドアルバム「Double Vision」を発表し、アメリカのTop 30 Billboard Jazzで上位を占めるようになりました。
 
 また、音楽カレッジ、大学での教授の顔もあわせ持っています。


【アルバムの紹介】
アルバム:Escape
発表:2020年
スタイル:スムース・ジャズ 
イメージ:しなやか  リラックス

Escape - Adam Hawley
Escape - Adam Hawley

 多くのスーム・ジャズファンから支持を得ているアダム・ホーリーの3枚目のソロアルバムです。
 
 彼はアルバムを制作する時、30から40曲ぐらいの楽曲を準備し、その中から自分らしいもの、リスナーが受け入れてくれるもの、異なる速さ、異なるスタイルの曲などをバランスよく選曲し、レコーディングに臨むとのこと。

 このアルバムは10曲中8曲が彼の作曲ですが(共作を含む)、楽曲の多様性がリスナーを飽きさせず、最後まで楽しく聞けるようになっています。

 また、このアルバムの特徴の一つは、楽曲ごとにスムース・ジャズ界の一流のゲストミュージシャンを招き、フューチャーさせ、アーチストとして作品の高みを目指していることです。

 オープニングは、ジョージ・ベンソンなどを思い出させる熱のこもった、巧みなギターによるTokyo Groove

 Trevor Neumannの爽やかなトランペットも作品にハリを与えています。

 2曲目はご機嫌な曲ですが、サックスのMichael Lingtonをフューチャーしています。

 Saturday Morningはゆったりめのクールなトラック。

 Top The Topは力強いJeff Ryanのサックスとのコラボです。

 次いで、Kat Hawley(アダムの奥さん)がボーカルのSenorita

 このアルバムでは唯一のボーカル曲で、ラテン風の、ささやくように歌う楽曲です。

 タイトルトラックのEscape,は、この曲を作曲中にクールな異空間へのトランスポートを彼自身が感じたという楽曲で、トランぺッターのRick Braunをフューチャーしています。

 最後のRainは、スティール弦アコースティックギターによるセレナーデとなっています。

 アルバムを通して支えるのは、ドラムのEric ValentineとベースのNathaniel Kearney、Ian Martinで、いずれもアダム・ホーリーと長くセッションを組んできており、息の合ったビートとグルーブ感を放っています。

   

収録曲(ギターインスト:赤字)
1. Tokyo Groove
2. 99 and Counting
3. Saturday Morning
4. To the Top

5. Senorita
6. Escape
7. Sunday Swing
8. Can't Stop
9. Thinking of You
10. Rain



AMAZON
Escape - Adam Hawley
Escape - Adam Hawley