■Darren Housholder(ダーレン・ハウスホールダー)■



【おすすめのギタリスト】
ギタリスト:Darren Housholder
出身地: アメリカ
誕生:1965年 ?
活躍期間:1990年代~現在?
ジャンル: ハードロック  ヘヴィメタル
在籍歴: LOVE/HATE
 
 アメリカのハイテクニカルなシュレッダーギタリストとして知られています。

 14歳の時に、ヴァン・ヘイレンやジミ・ヘンドリックス、エアロスミス、テッド・ニュージェントなどの影響を受けてギターを始めたようです。
 
 バークリー音楽学院に入学、卒業し、その後、バークリーでModern Rock Guitar講座を教えるようになる経歴を持っています。

 バークリーに入学したころは、1日に16時間ギターを練習していたとのことです。

 やがて、音楽雑誌のマイク・バーニーのコラム「Spot Light」に取り上げられ、シュラプネルと契約するようになっていきました。

 シュラプネルからは、3枚のアルバムをリリースしています。
 ファースト・ソロアルバムは自分の名前から「Darren Housholder」(1992)、2枚目は「Generator Man」(1992)、3枚目は「Symphonic Aggression」(1995)です。

 ロサンゼルスのハードロック・バンドLOVE/HATEに加入し、ヨーロッパでのツアーなどにも参加したことがあります。

 “異彩を放つマルチ・シュレッダー”と呼ばれ、Youtubeでは彼の驚きのスウィープ奏法やタッピングがアップされています。



【アルバムの紹介】
アルバム:Darren Housholder
発表:1992年
スタイル:ヘヴィメタル  ハードロック  
イメージ:疾走感  エネルギッシュ

ダーレン・ハウスホルダー(紙ジャケット仕様) - ダーレン・ハウスホルダー, ダーレン・ハウスホルダー
ダーレン・ハウスホルダー

 ダーレン・ハウスホールダーのソロのファースト・アルバムです。
 
 全曲がギター・インストで、テクニカル・ギタリストとして閃光を走らせながらの驚愕プレイを披露していきます。

 ヘヴィー・メタルを基盤に置きながら、フュージョン、ファンク、ジャズ、クラシックなどを融合させて、まさに“異彩を放つ”アルバムです。

 1曲目から3曲目までは、ベースとドラムの力強く、勢いのあるプレイを背に、アクロバティックなハードロックの嵐が吹き荒れます。

 CAKEWALK(1曲目)は彼の“失敗した二つのバンドのフラストレーション”から生まれた曲とのこと。冷静に激しさを表現する曲のようにも聴こえます。

 NOODLE SURPRISE(2曲目)は“機関車が走っているビッグ〈ビッグ・バンド・メタル・ファンタジー〉”のイメージとのことですが、切れ味鋭いカッティングをはさみながら、唸るようなソロを随所に響かせます。

 STAND YER GROUND(3曲目)は、スピード感あふれる、爽快なハードロックが楽しめます。 

4曲目と11曲目は、無伴奏ソロとなっており、どちらも彼の代名詞である、素早く波打つスウィープ、タッピングを楽しませてくれます。

DINNER WITH WOLFGANG(5曲目)は、クラシカルなイントロから始まり、キャッチーでファンキーなハードロック・ソロへと繋がり、作曲もなかなかだと感じさせてくれます。

 WHEN THE SMOKE CLEARS(6曲目)はバラード風で、「お客が帰った後にバンドメンバーしかいない、煙が充満するバーの中を歩く雰囲気」とのこと。渋い泣きのギターです。

 PEDAL TO THE METAL(7曲目)は文字通り、シュレッド・ギターの炸裂で、バックもタイトに支えています。

 RUBBERNECK(8曲目)は、小気味よく、切れ味鋭いカッティングがノリの良さを生み出し、超ファンキーな展開へと続きます。

 この曲は、ダーレン・ハウスホールダーが最初に書き上げたインストの曲で、彼のテーマ曲といえるようです。

 DEEPER LOVE(9曲目)は、スローなメロディーラインがソロを歌い上げていきます。

 DETRICK HATES JAZZ(12曲目)は、“ヘヴィー・メタル・ビッグ・バンド・ファンタジー”のイメージだそうで、多様な音楽スタイルを限りなく盛り込ませ、勝手な想像ですが、楽しいサーカスやパレードなどの大賑わいの様を、見事に描き切っているような曲です。

 全曲にわたり、ベースはAndre Berry、ドラムはRay Luzier。

 Ray LuzierはバンドKORNのドラムで、Andre Berryはマーカス・ミラーとの競演をYoutubeで楽しむことができます。

 このアルバムは、7日間で制作したようです。
 楽曲の全てはダーレン・ハウスホールダーがすでに作曲したもので、多様な音楽様式やテクニック、作曲など、彼がそれまでに学び、身につけた全てを注ぎ込んだギターインスト・アルバムです。

収録曲(ギターインスト:赤字)

1. Cakewalk
2. Noodle Suprise
3. Stand Yer Ground
4. Malt Shop Serenade
5. Dinner With Wolfgang
6. When the Smoke Clears
7. Pedal to the Metal
8. Rubberneck
9. Deeper Love 
10 Johnny's Bop
11. Misty
12. Detrick Hates Jazz




(AMAZON)
ダーレン・ハウスホルダー(紙ジャケット仕様) - ダーレン・ハウスホルダー, ダーレン・ハウスホルダー
ダーレン・ハウスホルダー